Feb 9, 2013

6年前の雪月花

雪月花

ちょうど、6年前の今の時期でした。

東北では、粉雪が降る季節、私は、クルマで取引銀行へ何度も通っていました。

 

実はその年度の初め、社員が30名ほどいたのが、春には、わずか2名しか残らなくなったのです。

自社ITサービスや受託開発がことごとく失敗し、急成長を誇りにしていたのが、逆に急降下。
急遽、ソフト開発部門を事業売却し、人員は大幅に縮小。

株式を公開していたグリーンシートの維持もままならない状況になったのです。

 

そして、何とか会社を立て直そうと、ひとり取引銀行に行くときに、よく雪が降っていました。

クルマの中では、家族が好きな松任谷由実さんのCDをかけていましたが、その中の「雪月花」を聴くと、何か癒やされるような、そんな気持ちになったので、その取引銀行へ行くたびに、「雪月花」をリピートして聴いていました。

そのとき、文字通り、雪が多く降っていたのを、今でも憶えています。

 

それから、どうせやるなら日本一のネット牡蠣屋になろうと思い、幾度も北海道から九州まで、全国の牡蠣産地をクルマで走りまわり続けました。

 

その牡蠣屋のネットショップが、全国の牡蠣ファンの方々に少しずつ認知されはじめたとき、2011年の大震災発生。

思いは一つ、牡蠣生産者と牡蠣ファンを悲しませたくない。

 

それから、もう2年。

雪月花の曲で癒やされてから、6年。

 

6年前に縮小し、牡蠣屋に変わらなければ、ITベンチャーのまま。

もしそうなら、当然、震災後に復興かきプロジェクトは生まれませんでした。

 

この歌詞のように、哀しみは、時間とともに流れ、海へ注いでゆき、これからの喜びを分かち合っていきたいです。

 

久しぶりにこの曲を聴いて、6年前を思い出していました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment