Jan 17, 2013

三陸牡蠣の営業マンになりたい

ホーチミン

ベトナム・ホーチミンでの「かき小屋」オープンのため、今月末にホーチミンへ行く予定です。

写真は昨年6月にベトナムへ訪問したときのもの。そのときにベトナムで強く印象に残ったものは、暑さとバイクの多さでした。

 

それはさておき、昨年訪問したときは、自分なりにミッションを課しました。

「三陸の真の復興のためには、三陸の牡蠣を海外に出していくことが大事だ。だから僕は、三陸の牡蠣をPRし、取引する見込みを必ず作る!」というものでした。結果、飛び込み営業した幾つかの飲食店で興味を持ってくださいました。

 

今回の目標は、「ベトナム初のかき小屋をオープンさせ、ベトナム人に三陸の牡蠣を楽しんでもらう」ことです。

その流通を作ったのち、昨年繋がりが出来た飲食店にも、最初はフローズン牡蠣ですが、改めて提案したいと思っています。

 

こうして僕は、微力ながらも、三陸牡蠣の営業マンになりたい、と思っています。

私の考える三陸牡蠣の真の復興は、”世界をマーケットにすることから始まる”と感じているからです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

関連記事

Comment





Comment