Ordinary Days
Feb 9, 2013

6年前の雪月花

雪月花

ちょうど、6年前の今の時期でした。

東北では、粉雪が降る季節、私は、クルマで取引銀行へ何度も通っていました。

 

実はその年度の初め、社員が30名ほどいたのが、春には、わずか2名しか残らなくなったのです。

自社ITサービスや受託開発がことごとく失敗し、急成長を誇りにしていたのが、逆に急降下。
急遽、ソフト開発部門を事業売却し、人員は大幅に縮小。

株式を公開していたグリーンシートの維持もままならない状況になったのです。

 

そして、何とか会社を立て直そうと、ひとり取引銀行に行くときに、よく雪が降っていました。

クルマの中では、家族が好きな松任谷由実さんのCDをかけていましたが、その中の「雪月花」を聴くと、何か癒やされるような、そんな気持ちになったので、その取引銀行へ行くたびに、「雪月花」をリピートして聴いていました。

そのとき、文字通り、雪が多く降っていたのを、今でも憶えています。

 

それから、どうせやるなら日本一のネット牡蠣屋になろうと思い、幾度も北海道から九州まで、全国の牡蠣産地をクルマで走りまわり続けました。

 

その牡蠣屋のネットショップが、全国の牡蠣ファンの方々に少しずつ認知されはじめたとき、2011年の大震災発生。

思いは一つ、牡蠣生産者と牡蠣ファンを悲しませたくない。

 

それから、もう2年。

雪月花の曲で癒やされてから、6年。

 

6年前に縮小し、牡蠣屋に変わらなければ、ITベンチャーのまま。

もしそうなら、当然、震災後に復興かきプロジェクトは生まれませんでした。

 

この歌詞のように、哀しみは、時間とともに流れ、海へ注いでゆき、これからの喜びを分かち合っていきたいです。

 

久しぶりにこの曲を聴いて、6年前を思い出していました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

 

Jan 20, 2013

亜KIRAさんからご紹介いただきフランス式牡蠣養殖のお話しを

0130119亜KIRAライブ

18年ほど前よりお付き合いのある会社の専務さんより、昨晩、地元でご活躍されるアーティスト、亜KIRAさんのニューイヤーライブにお誘いいただきました。

亜KIRAさんは、49歳で脱サラして歌手デビューされた方。いくつになっても、夢は実現できるということを体現されています。

 

その亜KIRAさんのライブで、「牡蠣の歌」を聴かせていただきましたが、その後の軽快なトークのなかで、「牡蠣好きなナポレオンはどこの出身ですか?」と会場に投げかけられ、驚くことに、日本とフランスの牡蠣繋がりの話しを紹介されました。

 

そして、いきなり、亜KIRAさんから私がご指名を受け、フランスお返しプロジェクト(1970年代にフランスの牡蠣が絶滅しかけたときに宮城の種牡蠣がフランスへ渡り、フランスの牡蠣業界を救ったことから、震災後、フランスのほうで三陸へ恩返しするために立ち上がったプロジェクト)のお話しをすることになり、合わせて、フランス式牡蠣養殖の取り組み(株式会社和がき)のご紹介をさせていただきました。

 

突然なのでビックリしたものの、その場にいらした方々に、フランス式牡蠣養殖のお話しができたことが嬉しかったです。

その後、会場のほうからも、「私も牡蠣が好きで・・」みたいな話しが出て、それもまた嬉しかったです。

 

僕は、三陸が震災前よりも遙かに素晴らしくなるために、ここ三陸の牡蠣を世界に出したいと思っている三陸牡蠣の営業マン(笑)。まだまだ頼りないですけど。。

いつでもご指名があれば、お話します(笑)。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

 

Jan 15, 2013

やはり餅は餅屋、専門家と組む

草取ミゾカッター

今日、岩手県大船渡へ行き、ある鉄工所の社長とお会いしてきました。

実はその社長は発明家でもあります。

写真のカマは、社長の発明の一つ、草取ミゾカッターという商品。通常のカマではなかなか石の間の草は刈れませんが、このミゾカッターを使えばカンタンに。

 

社長が、私にこう言いました。

「大抵、いいものを作ったと満足してしまうと、それ以上のものはできない。」

「製品は、良いところを伸ばすよりも、悪いところを直してやると良い製品になるものだ。」

「悪いところを直し続けると、その製品はシンプルになっていく。」

「発明で人の役に立つ、人に喜ばれることが大事。」

「身の丈に合わせた発明を考える。」

一つひとつの言葉が、なるほどと感じさせるものでした。

 

実は昨年、私は社長に、ある目的のもの(牡蠣関係)を作ってもらえないかと相談していましたが、社長は早速考えて答えを出し、既に意匠登録もしていました。

それは国内販売はもちろん、海外にも売れるだろうと思っていますが、海外での販売は任せてもらうことになりました。

 

やはり、餅は餅屋。何でも自分でやろうとしないで、得意な分野をもつ方と組み、自分は自分が進みたいところへ進めば良いと最近は考えています。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

 

Jan 13, 2013

今の感謝を未来の子孫への責任に変える

レ・ミゼラブル

「今」という時代、「ここ」という場所で、生きる幸せが身に沁みる映画、Les Miserables、を先日家族と観ました。

以前の同名映画と比べても、映像に迫力が大いに増していることもさることながら、今の時代、この場所に生きているという有り難さを、力強く感じられる映画でした。
 
当時の日本も、世界中も、まさにミゼラブル(惨めで不幸な状況)。
 
そうした先人の大変辛い経験、歴史を経て、現代の生活が成り立っていることを考えると、私たちも立ち止まらず、もっと夢や理想に向かって前進することが必要ではないかと感じます。

よく、「地球は先祖からの贈り物ではなく、子孫からの借り物」だと言われますが、”今の世界は先人の血と涙の犠牲の上に成り立ち、今よりも良い世界を子孫に残す責任が私たちにはある。”、と私は考えています。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

 

Jan 1, 2013

謹賀新年 2013年

新年、明けまして、おめでとうございます。

一年の計は元旦にあり、の言葉通り、僕は今年を「外に向けて動く年」にしたいと、元日の今日、心に念じています。

つまり、震災後、三陸牡蠣復興支援プロジェクトを多くの方々のご協力をいただきながら展開し、その後、フランス式養殖を三陸で行い世界に通用する牡蠣づくりを始めてきましたが、今年は、三陸の内側での活動はもとより、県外に、国外に向けて、発信し活動する年でありたいと思っています。

 

1611年、三陸は地震と津波にのまれ、5000人以上が犠牲になってしまいました。

その2年後の1613年、震災前よりも遙かに素晴らしい地域にすべく、伊達政宗は、サンファンバウテスタ号を出帆させ、外国との交易を行い豊かな地域づくりを目指しました。

それからちょうど400年後、2011年に東日本大震災で三陸沿岸部は甚大な被害を受けました。

私たちは400年前に、伊達政宗を始め、当時の宮城の人々が真の復興を目指し、新たな稲作事業、海外交易事業を進めたように、今年、外に向けて動くべき年だと感じているのです。

確かに、当時の時代と異なり、一人の人間ができることは限られているかも知れませんし、ましては私は、今はしがない零細事業家。

ただ、思うことは自由です。地域を震災前よりも良くしたいと念じることは自由です。

一人でも多くの方々が、真の復興に思いを描き、ともに三陸の、東北の隆盛を目指せることを願っています。

 

時代は東北から変わります。世界は東北から変わります。

これが本当の言葉どおり、千載一遇のチャンス、なのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

Posted in Ordinary DaysNo Comments » 

 

1 2 3