Aug 26, 2013

ベトナムのコーヒーはフランス式!?

Vietnam Ca phe

ベトナムへ来たら、これは外せないというのが、ベトナムコーヒー。

最近は、スターバックスが2店出店し、ベトナムコーヒー市場に外資が乗り込んできていますが、地元チェーン店は圧倒的な強さを持っています。

そのベトナムコーヒーチェーン店の始まりは、このチュングエン・コーヒーチェーン店(Trung Nguyen Coffee)と聞きました。

4、5年前までは、一番お客さんが入っていたそうですが、外国人観光客も増えるなか、段々と他のチェーン店にお客様が流れているようです。

ホーチミンの街中で、一番賑わいを見せているのが、ハイランドコーヒー(Highlands Coffee)のように思います。

他にも目立つのは、コーヒービーン(The Coffee Bean)や、エンジェルインアスコーヒー(Angel-in-us Coffee)でしょうか。

僕が思うに、外国人にとって、チュングエンコーヒーという名前よりも、ハイランドコーヒーのほうが憶えやすいし、そこで人と会うにしても、会話においても、呼びやすく感じます。

僕自身が一番美味しいと感じたのは、チュングエンコーヒーですが、いつも利用するのはハイランドコーヒーです。

 

ちなみに、このベトナムコーヒーの最大の特徴は、じっくり時間をかけて濾過する金属製フィルターを用いていることですが、このフィルター、実は、ベトナムがフランス領のときに、フランスが持ち込んだフィルターだそうです。

いわゆる、これほど賑わっているベトナムコーヒーのもとは、「フランス式」なんですね。

三陸牡蠣も、「フランス式」で、飛躍したいものです。

→ 三陸でフランス式牡蠣養殖を行う「株式会社和がき」

Posted in ベトナムNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment